2007年12月04日

セントラル短資のFXハイパーってどうなの?

12月3日よりセントラル短資で新たな口座としてFXハイパーがスタートしたので早速、口座を作りました。FXハイパーは取引手数料無料・レバレッジ100倍とデイトレに特化した感じになっています。FXダイレクトとの口座間の資金移動はクリック入金で簡単に移動が出来るようになっており、チャート機能も強化されています。そして気になるスワップポイントですが表の様になっており1円違うだけです。
通貨ペア FXダイレクト FXハイパー
ドル/円 128 127
ユーロ/円 148 147
ポンド/円 326 325
カナダ/円 114 113
豪ドル/円 130 129
NZD/円 175 174
スイス/円 40 39
ランド/円 41 40
香港ドル/円 5 4
SGドル/円 15 14

う〜ん、考えるに通貨ペアがクロス円絡みだけしか無いこと以外はスワップ派であっても問題ないのではと思います。口座間の資金移動が簡単なだけに今後は徐々に使える場面で使って行きたいと思います。セントラル短資は海外で生活しながらFXをする人にとってもお勧めの業者です。
ひらめき資金5万円からレバレッジを400倍をかけて4ヶ月で500万以上達成した方が手法を公開されています。→人気ブログ

晴れFXの泉〜フィボナッチを使った未来予測トレードで無償でエントリーポイントやリミット、ストップを公開しています→人気ブログ

保有ポジション

ランド/円 買い
15.61
ポンド/スイス 買い
2.2859
豪ドル/円 買
96.55
105.25
ユーロ/円 買
162.55
ドル/スイス 買 
1.1896

 
26位辺りのやまももさんのブログ。辛口!有名ブロガーの本日のポジション →人気ブログ
2位あたりの為吉さんの動画ブログでテクニカル分析をしよう→為替ブログ

posted by ひろ at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替業者比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

業者取引レポート@セントラル短資

僕はトレードをする際のFX業者は、ゆたか証券・セントラル短資・AFT-FX・JNSと4つの業者を使っています。業者にはそれぞれ得意な部分が有るので自分のFXの目的やスタイルによって使い分けることをお勧めします。そして僕が使っている業者は

ゆたか証券:初めてFXをやり初めた時に使っていた業者
セントラル短資:スワップ目的の為
AFT-FX:普段使用しているデイトレ用
JNS:超高金利通貨取引用

として使用しています。もちろん上記の業者はメリット・デメリットも有るのですが、デメリットがあってもそれを補うメリット方が大きいです。そこで今回はセントラル短資を実際に使ってみたレポートを書いてみようと思います。

18通貨ペア・レバレッジ約20倍・高スワップ金利でポジションを決済しなくても口座に反映・即日全額信託・クリック入金対応となっていて取引手数料が無料でない事からスワップ目的に特化した業者だと思います。チャートは移動平均線・MCAD・一目均衡表・ボリンジャーバンド ・RSI・ストキャスティクスと標準的なテクニカルは揃っていますが何となくサーバーが弱い気がするのでデイトレには不向きだと感じます。

posted by ひろ at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替業者比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

業者取引レポート

僕はトレードをする際のFX業者は、ゆたか証券・セントラル短資・AFT-FX・JNSと4つの業者を使っています。業者にはそれぞれ得意な部分が有るので自分のFXの目的やスタイルによって使い分けることをお勧めします。そして僕が使っている業者は

ゆたか証券:初めてFXをやり初めた時に使っていた業者
セントラル短資:スワップ目的の為
AFT-FX:普段使用しているデイトレ用
JNS:超高金利通貨取引用

として使用しています。もちろん上記の業者はメリット・デメリットも有るのですが、デメリットがあってもそれを補うメリット方が大きいです。そこで今回はゆたか証券を実際に使ってみたレポートを書いてみようと思います。

ゆたか証券は14通貨・30種類の通貨ペア・取引手数料無料・レバレッジは20倍・クイック入金あり・信託保全と大体のサービスは完備しています。取引画面やチャートも見やすくなっており初心者でも分かりやすくトレード出来るようになっています。配信のマーケットニュースは内容が豊富で非常に使えます。という感じにオールマイティーに使える業者なんだけどトレードに経験が付いてくると何だか不足に感じるのがデメリットである。といっても24時間電話対応は心強い味方か。


 
posted by ひろ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替業者比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

業者取引レポート

僕はトレードをする際のFX業者は、ゆたか証券・セントラル短資・AFT-FX・JNSと4つの業者を使っています。業者にはそれぞれ得意な部分が有るので自分のFXの目的やスタイルによって使い分けることをお勧めします。そして僕が使っている業者は

ゆたか証券:初めてFXをやり初めた時に使っていた業者
セントラル短資:スワップ目的の為
AFT-FX:普段使用しているデイトレ用
JNS:超高金利通貨取引用

として使用しています。もちろん上記の業者はメリット・デメリットも有るのですが、デメリットがあってもそれを補うメリット方が大きいです。そこで今回はAFT-FXを実際に使ってみたレポートを書いてみようと思います。

AFT-FXは今回の大幅円高の局面で取引が集中してサーバーがダウンを起こしトレードが出来ない業者が出た中で問題なく動いていました。一説によるとAFT-FXのサーバーは強力だと言われています。またAFT-FXの魅力は何といってもチャート画面です。テクニカルチャート分析は勿論の事、リアルタイムニュース、ポジション口座、取引レートが1つの画面で全て見ることが出来ます。取引手数料も無料でスプレッド幅も狭いのでデイトレに使える業者だと思います。ただデメリットを言えば口座への反映が遅い事です。お金を入金しても口座への連絡は株式会社AFTから米GFT社に連絡が行くまで1日以上掛かります。最短でも朝に入金しても反映されるのは夜になってしまいます。予め余裕資金を入れておくことが必要です。


手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード
posted by ひろ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替業者比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

為替業者比較

スプレッド比較(1万通貨単位・変動制)

会社名 手数料 米ドル ユーロ ポンド 豪ドル NZドル
外為どっとコム 1000円 400円 500円 900円 500円 900円
セントラル短資 1000円 500円 700円 900円 600円 900円
オリックスFX 400円 300円 400円 900円 500円 400円
AFT-FX 0円 300円 400円 900円 500円 700円
FOREX24 400円 500円 400円 800円 800円 1000円
上田ハーロー 400円 400円 500円 900円 600円 900円
FX Online Japan 0円 500円 500円 1000円 1000円 1000円
DRAGON FX 24 300円 300円 400円 900円 500円 700円
外為オンライン 0円 300円 400円 800円 600円 900円
マネックスFX 2000円 400円 500円 900円 500円 800円
マネーパートナーズ 0円 400円 500円 900円 500円 800円
ゆたかFX 0円 500円 500円 900円 500円 800円
FX-navi 200円 200円 250円 500円 300円 500円

手数料:往復取引手数料の値段。業者によってはデイトレやキャンペーン期間に無料や割り引きを行っている所有り。
スプレッド:売値と買値の差をスプレッドと呼び値段の開きが狭い方が取引が有利です。

為替ランキングサイトには沢山の記事が有り為替予測する上ではとても大切です。僕も毎日欠かさずブロガー達の記事はチェックしています。 ●人気ブログ  為替ブログ 外為ランキング  
posted by ひろ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替業者比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。